肩こり・腰痛・肘膝痛

肩こり

日本人がよくなると言われている肩こり。特に慢性的に肩こりに悩まれている方はご相談ください。体の姿勢や生活習慣などの観点から診断させていただきます。

腰痛

今や国内の腰痛人口は1千万人とも言われ、国民病になっています。決して高齢者だけがなる病気ではなく、10代20代などの若い世代でも腰痛は起こりえます。筋肉疲労、椎間板障害、脊柱変形、感染症、ガンの骨転移等、原因を診断して適切な処置をいたします。

また、内臓疾患からくる腰痛などもありますので、他科での受診の必要がある場合は、近隣の病院、提携している他科の病院をご紹介いたします。

肩の痛み

肩の痛み・しびれ等についてもご相談ください。コリからくる痛み、腕を上げると痛い、等々。肩だと思っていても実は頸椎からくる神経痛であったりします。また、五十肩・四十肩は、動かさないでいる期間が長ければ長いほど、肩は動かなくなり、ますます痛みが強くなります。そうなると、治療にとても時間がかかりますので、早めの受診をおすすめいたします。

高齢・加齢による肩の痛みから、スポーツ障害による痛みまで、当院では超音波診断を行っており、被曝することなく丁寧に診断させていただきます。

肘痛

野球肘

当院で多い肘痛のご相談は、野球肘、テニス肘などのスポーツによるもの、パソコンデスクワークでの肘痛、料理等の家事による肘痛です。

特に小中学生の野球をしているお子さんに多く見られる野球肘には、放置しておくと手術も避けられなくなる離断性骨軟骨炎という障害が隠れていることが多く、この早期発見には当院で導入している超音波診断が大変有用です。

肘痛も症状の軽いうちに受診することをおすすめいたします。

膝痛

正座ができなくなった、寝ているときに膝が痛む、階段の上り下りが辛い等、特に膝の内側の痛みを感じていれば、それは変形性膝関節症かもしれません。症状が軽いうちにはお薬や湿布、ヒアルロン酸の関節内注射で治療をします。病状が進行するとO脚になり、痛みも強くなります。O脚には特別な足底板を作製することで痛みを和らげることもできます。さらに太ももの筋肉が衰えている患者さんが多く、当院で導入しているPOWER PLATEによるトレーニングが大変有効です。ただし、手術が必要な方もいらっしゃるのでそのような方には人工関節置換術が必要です。当院では専門医を紹介いたします。

スポーツ・怪我による痛みに対しても、X線検査や超音波診断などによる丁寧な診断をさせていただきます。

足関節や足の痛み

よくある相談の一つに足の痛みがあります。長く立っていると、かかとや足の裏、それに足の甲や指の付け根が痛いというものです。外反母趾や偏平足、聞きなれないでしょうが凹足(おうそく)等の足の変形からくる痛みが多く、足底板(敷き皮)による治療が有効なことがあります。

足の裏やかかとの痛みには、足底腱膜炎というものがあり、これも専用の治療用サポーターがあり、付けるだけで痛みが無くなるというものもあります。

スポーツをしている小中学生に多い足の痛みには、成長時痛だと片づけられてしまうというものも多いのですが、詳しく調べると疲労骨折を起こしていたり、患者さんのスポーツ時の体の使い方に問題があることもあります。何か症状がありましたらご相談ください。

足首の捻挫も当院では超音波診断を導入し、今までレントゲンだけでは分からなかった靭帯損傷や裂離骨折等の診断率が向上し、大きな治療効果をあげております。何か症状がありましたらご相談ください。

北本駅周辺地図
アクセス

北本駅

お車の方は医院前の駐車場をご利用ください。
〒364-0033 埼玉県北本市本町6-284

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
048-591-7000
各受付時間・診療時間は下記表をご覧ください
注)診察時間と受付時間が異なります。

診療時間
★毎週水曜午後と第2・第4土曜午前は
自由診療の方の優先予約日

※骨密度測定は予約検査となります。
検査日についてはお問合せ下さい。
診療時間

このページの先頭へ